簡単な運動で腰痛を解消できた理由 | 小野市 肩こり 腰痛 骨盤矯正|整体・鍼灸治療ならこころ鍼灸整骨院

「年に2、3回はひどい腰痛が起こる」
「腰痛ベルトがないと、不安で仕事に集中できない」

こんなお悩みを運動を取り入れることで解消された患者さんがいらっしゃいます。

 

腰痛ベルトがないと不安…マットレスを変えても治らない頑固な腰痛

 

兵庫県小野市でこころ鍼灸整骨院を開業しています、作尾大介です。

この度は当院に来院なさる患者さんで、

「腰痛が怖いから、毎日のようにコルセットをつけていた」
「立っていると左側に腰痛がしてくる」

といったお悩みで苦しまれていた患者さんが、整体と合わせて、運動を取り入れると腰痛ベルトを卒業した方がいらっしゃいます。

具体的にどんな運動を取り組んで腰痛を解消していったのか?

ブログにまとめさせていただきました。

・マットレスを変えても腰痛が治らない
・朝起きてからずっと腰痛がして辛い
・腰痛ベルトが手放せない

といった悩みがあるようでしたら、この度のブログがきっとお役に立てると思います。

ぜひ最後まで読んでただけたますと幸いです。

 

腰痛ベルトをしてもなぜ治らないの?腰痛の原因とは

なぜ腰痛を患うのか?

腰痛原因は何なのか?

運動を取り組んで腰痛を解消された方のケースから考えてみました。

人間は怪我や病気をしたら治る働きを持っているのに、腰痛はどうして治らないのでしょうか?

腰痛にお悩みの患者さんを問診させていただくと、

「日頃座りっぱなしになることが多い」
「同じ姿勢で作業する」

といったことを教えてくださいます。

座りっぱなしや、じっと同じ姿勢になる患者さんに腰痛が多い傾向があります。

腰痛を抱えた状態で仕事や家事をするのはとても大変だったことと思います…

腰痛ベルトをつけ忘れるようになった。運動で腰痛が解消した理由

 

人間の体は血が巡ることで体が良くなります。

ほら、お風呂にゆっくり浸かったり、ゆっくり睡眠をとると体がラクになることってないでしょうか?

あれって、体がリラックスすることで血の巡りが促され、体中に栄養や酸素が送りとどけられることによって回復するメカニズムがあります。

 

でも、座りっぱなしの姿勢や、立ちっぱなしになると、腰や太もも、お尻周りの筋肉や関節が硬くなってしまい、血の流れを阻害することになってしまうことになります。


人の体の場合、筋肉や関節が硬くなってしまうと、血が流れている血管に対して負担をかけてしまい、体の回復を阻害することになるのです。

その結果、「腰痛が治らない」「腰が痛くなる」といった事が起こります。

 

 

これって内臓が原因?病院にいった方が良い?腰痛の治し方を考える

では腰痛を、運動を取り入れたことでどうして良くなったのでしょうか。

同じ姿勢でじっとしていると、筋肉や関節は硬くなるのですが、体を動かしていただくと、硬くなった筋肉や関節を柔らかくすることが可能です。

立ちっぱなしや座りっぱなしの姿勢が続く時は、

歩いてみたり、

伸びをしたり、

そんなことを日常生活の中で取り入れていただくだけでも、筋肉や関節をときほぐし、腰痛を解消していくきっかけになります。

腰痛ベルトが手放せなかった患者さんは、仕事中や、買い物のついでに歩いたり、伸びをするように癖づけたそうです。

その結果、腰痛を解消できたとのこと。私としても嬉しい限りでした。

今では、腰痛もすっかりと良くなり、月に一度体のメンテナンスに来院されています。

音声 https://anchor.fm/e3n2r4j5tuo/episodes/ep-e176tl7

 

腰痛や肩の痛みが治るので姫路から片道1時間かかっても、来てよかったと思っています!【患者さんの声】

※他にも腰痛でお悩みだった患者さんより、沢山の喜びの声を頂戴していますのでこちらで紹介させて頂きます。
腰痛でお悩みの方の励みになれば幸いです。

 

もし、運動を取り組んでもなかなか良くならない…

そんな時は他にも何か原因があるかもしれません。腰痛が長引く時はお早めにご相談ください。

この度のブログが、腰痛でお悩みの方のお役に立てれば嬉しく思います。

(監修 柔道整復師・鍼灸師 作尾大介)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください