「側弯症は自分で治す!」これだけはやってほしい重要な【立ち方】


こんにちは、兵庫県小野市こころ鍼灸整骨院院長の作尾です。

いきなりですが、旦那さんや姑さんと喧嘩をして、腹がたったことってありませんか?

「この人どんな性格しとんねん」

と、言葉を押し殺したこともあるかもしれませんね…(私の場合は直接いわれます…)

この度ブログでお伝えする内容は

「人の性格は治せなくても、自分の背骨のゆがみ(側弯症)は自分で治すことができる」

と、いうことです。

今日は側弯症を自分で治す運動をお伝えしますので、ぜひ最後までお読みください。

 

側弯症を手術をしないで治すには⁉

従来の側弯症の治療は背骨のゆがみがきつくなってくると、予防のために鎧のようなコルセットをすすめられ、さらにそれ以上に悪くなると、手術ということになります。

しかし、シュロス法という運動療法を学びわかったことがあります。

その常識はもう古い!

シュロス法を続けることで、側弯症は自分で予防と改善ができるでのです。

 

シュロス法の資格を持つ治療家は兵庫県に2名しかいません!

シュロス法を教えるには、国家資格を持ったうえで、さらに5日間の研修を受け、協会が定める試験に合格する必要があります。

実は、この資格を持つ治療家は私を含めて兵庫県に2人しかいません。

世界でまだ知られていない、重要な知識を一人でも側弯症で悩む方にお伝えしていくことが私の使命だと思っています!

ぜひ、本日お伝えする運動を自宅で取り組んでみて下さい。

 

側弯症を予防する立ち方の3つのポイント

1.体の重心はやや前方に乗せる。

重心は踵に乗せるよりも、ややつま先よりに重心を乗せるよう心がけましょう。

 

2.横から見た時に背骨をS字を作る

側弯症の多くの方は横から観察したときに、下の写真のように背中を丸めて立っています。

側弯症を治すには、まず横から見たときに背骨をS字に矯正する必要があります。

 

3.立つときは胸を張るより、胃を前に突き出す

ほとんどの方は良い姿勢を作ろうと胸をはりますが、これは間違いです。

側弯症の方にとって一番大切な姿勢は、胃を前に突き出すことです。

あまり知られていないことですが、

胃を前に突き出すと、背骨は下の写真のように、きれいなS字を作り、余分な筋肉の緊張が改善し、腰痛や背中の痛みを緩和できます。

この立ち方をシュロス法ではロードーシスと言い、すべての運動の基本になります。

ぜひ、毎日の生活に取り入れましょう。

 

 

早めに対処すれば、側弯症に手術は必要ない!

背骨と背骨の隙間には、椎間板というクッションのような役割をする、弾力性のある組織があります。

年齢を重ねるにつれ、背骨の歪みがさらにきつくなると椎間板を損傷してしまい、治療が難しくなってきます。

ですので、お子様の側弯症に気づいたら、できるだけ早く当院までご相談ください。

多くの側弯症に悩む方々や側弯症の子供を持つ親御さんは、ネットを調べても、ほとんどが手術や鎧のようなコルセットをすすめる記事ばかりで、絶望感を体験されたことと思われます。

そこで、2月12日(月)10時〜12時に

シュロス法無料体験会

を開催したいと思います。

それはシュロス法無料体験会の詳細です。

 

 

【手術なしで側弯症を改善させる】シュロス法無料体験会

・日時
2月12日(月)10時〜12時

・開催場所
こころ鍼灸整骨院

・参加費
無料

・参加資格
側弯症でお悩みで、家族で本気で治療に取り組む意思のある方
※必ず、親子でご参加ください。

・服装
動きやすい服装でお越し下さい。

※このような方は受講をお断りします。
側弯症を治していくためには一年以上の時間と「治したい!」という強い意志が必要になります。
ですので・・・

「ただやし、とりあえず受けてみようかな~」と、お考えの方
親御さんが無理やり連れてこられて、お子様本人にやる気が感じられない場合
こちらの指導を全く聞く意思が見られない場合

は受講をお断り、受講中でもお帰りいただくことになります。

受講希望の方は、2月8日までに受付時間中(10時〜20時)に0794-73-8630に「側弯症の講座を受講したい」とお電話ください。

一度に指導できる人数は6家族が限界です。
締切前でも、受講希望者が6家族になった時点で締め切らせていただきますので、側弯症を本気で改善したいという場合は急いでお申し込みください。

残りの参加枠は6家族→3家族】となりました。

なお、3月以降から、有料でシュロス法体験教室を開催していきます。

予定はホームぺージやフェイスブックにてお知らせしていきますのでぜひそちらもチェックしていただければと思います。

 

 

 

これからもブログにて自宅でできる簡単な運動や、立ち方、座り方のコツをお伝えしていきます。

あきらめる前に私と一緒にシュロス法に取り組んでみましょう。

 

監修 柔道整復師・鍼灸師 作尾大介

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください