胃酸過多で吐き気まで…薬に頼らない対処法とは | 小野市 肩こり 腰痛 骨盤矯正|整体・鍼灸治療ならこころ鍼灸整骨院

「最近胃がムカムカしなくなった」
「そういえば、最近胸やけを忘れている」

この度はブログに胃酸過多による、胸やけや胃痛の解消法についてまとめています。

 

胃酸過多が続いている…吐き気や胃液があがってくる原因って?

こんにちは、兵庫県小野市でこころ鍼灸整骨院を開業しています、作尾大介です。

「夜に寝ていると胃液があがってくる」
「胃酸過多で飲み食いをしたら胃が痛くなる」

当院に来院なさる患者さんとお話をさせていただくと「胃酸過多」といった症状をお聞きします。

ですのでこの度は、この胃酸過多を予防する方法をブログにまとめました。

もし、吐き気や胃液があがってくるといった症状でお悩みでしたら、この度のブログがお役に立てると考えています。

お時間の許す折にご覧いただけますと幸いです。

これってストレスが原因?胃酸過多の対処法とは

ひょっとしたら、このブログをご覧の方も、年末はお付き合いも増えて、飲み会や外食の機会が増えるかもしれません。

そんなときに、胃がムカムカしていたらせっかくの飲み会や外食も楽しむことができないかもしれません。

私たち人間は何かを食べると、胃の中で「胃酸」が食べものを溶かす働きがおこります。

胃酸は強い酸性の液体で、食べた物を溶かし消化を促す働きがあります。

正常に胃酸が出ていたら、この胃酸によって食べ物を分解することができます。

ですが体に不調か起こると、食べ物を溶かす胃酸が弱くなることがあります。

本来だったら胃酸で食べ物を溶かすことができるのに、胃酸が弱くなると、食べ物を溶かすために沢山の胃酸が必要になります。

その結果、胃酸過多という状態になってしまうことに…

胃酸過多で胃液が上がってくる、なんとかしたいと薬に頼っていた

実は、私も20代のころに胃酸過多で悩まされた時期がありました。

20代の頃は整骨院の先生になるために夜学に通い、朝から整骨院に勤め下働きをしていました。

この時期はいつも胃腸の調子が悪く、いつも胃がムカムカしていました。
当時は朝イチから整骨院でした働き、夜学から帰ってくると夜の22時から食事というめちゃくちゃ不規則な生活だったことが原因だと思います。

あまりにも胃が痛い時は、病院に行くこともありましたが、多くの場合は薬局屋さんの飲み薬で対応していました。

でも、一向に治らなかったために、整骨院の兄弟子に相談して、鍼灸治療や整体を受けて改善しました。

今思えば、胃酸が弱くなっているために、体はたくさん胃酸をだして対応していたのに、胃酸自体を止めるように薬を飲んでいたために症状が長期化していた可能性があります。

漢方や薬を飲み続ける以外に胃酸過多を解消していく方法

では胃酸を強くするためにはどうしたらいいのか?

気になったので詳しく調べてみたことをまとめてみます。

まず1つ、胃酸の濃度(酸の強度)を強くするためには、血糖値のバランスを整えることがポイントになることがわかりました。

そのために、一番簡単に取り組める方法が、血糖値のバランスを崩すことをしないということでした。

そのためには、偏食をさけて糖分、アルコール、コーヒーの3つを控えていくことが大切になるとのこと。

食べ過ぎや飲み過ぎが続いている時は、コーヒーやアルコール、スィーツを避けるだけで胃酸を強くすることが可能になるとのことです。

 

牛乳やお水、ヨーグルト、全部試したけど胃酸過多が治らない時の新予防法

胃酸を強くするために必要なことを3つにまとめてみました。

1 胃の調子が悪い時はスィーツを控える

2 週に2回は休肝日を作る

3 コーヒーは1日2杯までに

血糖値のバランスを崩すと、濃度の高い胃酸を作ることができない状況になります。

この3つを取り組むことで、胃のむかつきや胃酸過多といった症状を解消することが可能だと考えています。

 

※胃酸過多につきましては、こちらのブログを併せてお読みいただけますと、さらにお役に立てると考えています。

市販薬も効かない…胃酸過多の対処法とは?

音声 https://anchor.fm/e3n2r4j5tuo/episodes/ep-e1a9shl

 

 

でも、上記3つのことを続けても一向に良くならない時は、他にも何か原因があるかもしれません。

そんな時はお早めにご相談ください。

この度のブログがお役に立てれば幸いです。

 

(監修 柔道整復師・鍼灸師 作尾大介)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください