40代から取り組む疲れない体作り | 小野市 肩こり 腰痛 骨盤矯正|整体・鍼灸治療ならこころ鍼灸整骨院

「最近寝ても疲れが取れない…」
「昔と比べると無理が効かなくなった」

もう歳だから仕方ないのかな?

そう諦める前に、このブログお読みいただければと考えています。

 

40代に入ってシワも増え、疲れが取れない…アンチエイジングって本当に可能なの?

兵庫県小野市でこころ鍼灸整骨院を開業しています、作尾大介です。

 

当院に来院なさる患者さんから

「最近、老けたって言われる」
「寝ても疲れが取れない」

そういった相談を受ける機会が増えました。

昔はなんの問題もなくできていたことができなくなると、不安になるのも無理もないことだと思います。

ですので、この度は疲れにくい体を作る方法についてブログにまとめました。

もし、昔と比べて体力がなくなってきた、老けた気がするとお考えでしたら、このブログがきっとお役に立てると考えています。

ぜひ、最後まで読んでみてください。

アンチエイジングは無理でも若々しくいたい!今から始める若返り習慣とは?

私達の人間の体は20歳をこえると、体のエネルギーを作る力(ミトコンドリアの数)が減ってくると言われています。

体を動かしたり筋肉を使ったり、歩いたり、走ったり、仕事をする時に体はエネルギーを作ります。

私たちの体にあるミトコンドリアという細胞は、エネルギーを作る源です。

ミトコンドリアはバランス良く栄養を取り、筋肉を動かすことによってエネルギーをたくさん作ることが可能となります。

でも、運動をする習慣が減る、あるいは偏った食生活が続くとミトコンドリアの数は減ってくると言われています。

 

その結果、体の代謝が悪くなり、疲れやすくなったり、皮膚がガサガサしてきたり、体型が崩れてきたりします。

このミトコンドリアを増やすためには、運動がとても大切です。

運動をすることでミトコンドリアでエネルギーを作り、新陳代謝が促され体が若々しく保てます。

アスリートやジムでトレーニングをしている方が若々しく見えるのはこのためです。

体の疲れを取る方法は食事に加えて運動習慣が大切

昔は疲れもすぐに吹き飛んでいたのに、40代を超えると疲れが長引いてしまう…

こんな問題を解消するためには、ミトンドリアの数が鍵になります。

ミトコンドリアを増やす方法として、最も良い方法が筋トレです。

筋力が増えると、その分ミトコンドリアも増えてエネルギーをたくさん作ることができます。

 

その結果、肌が綺麗になったりシワが減ったり、プロポーションを若々しく保つことが可能となります。

 

アンチエイジングは運動に〇〇をプラスすると効果的

筋トレに加えて、ミトコンドリアでエネルギーを作るために水と酸素が必要になります。

「足が引きつる」
「こむら返りになる」

とお医者さんに相談すると「お水を摂りなさい」と言われます。

エネルギーを作る源としてまず水がないと、食事によって取り込んだ栄養からエネルギーを作る量が減ってしまうことになります。

 

よく水は1日に2リットルは摂りなさいと言われています。

でも、2リットルの水を飲むというのはなかなかの苦行…

私は朝から昼にかけて、500mlのペットボトル1本、

昼から夜にかけて500mlのペットボトルのお水を1本飲むようにしています。

そうすれば1リットルです。

それに加えて食事中に水を摂ったり、運動をした時に水を摂れば2リットルを楽に摂り込めるようになります。

水をこまめに摂りこむことが老化を防ぎ、プロポーションを維持していく方法になります。

疲れた時に必要な栄養素

ミトコンドリアでエネルギーを作るためには水も必要ですが、それに加えて栄養と酸素が必要になります。

※栄養については別のブログで紹介しますので、ここでは細かい栄養の話は割愛させていただきます。

老化を防ぎ、プロポーションを保つために呼吸(酸素)が大切になります。

私たちの体の中に酸素を取り込む量が減ると、体は疲れやすくなります。

ほら、マスクをつけたままで仕事をするとしんどくなる体験ってないでしょうか?

あれは体の中に取りこむ酸素の量が減るためです。

ですので、20分〜30分に1回、鼻から吸ってゆっくり吐く深呼吸を取り入れることが大切になります。

酸素をたくさん吸い込むことで体を若々しく保つことが可能となります。

疲れを解消するために運動って何から始めたらいい?

体の若返りの鍵となる、ミトコンドリアを活性するために筋トレが大切になります。

腕立て伏せや腹筋、スクワットといった簡単にできることを週に3、4回取り組むことをおすすめしています。

最初は筋トレを3分〜5分ほどの運動から取り組むことをおすすめしています。

面倒ですが継続していくことで必ず筋力がつきます。

深呼吸と水分補給、筋トレを習慣にすると若々しさを保ち、疲れにくい体を作ることが可能です。

音声 https://anchor.fm/e3n2r4j5tuo/episodes/40-e1kg1c6

40代からできるアンチエイジング!疲れにくい体を作るには?

「最近疲れが取れない」
「老けたと言われる…」

そんな時は上記3つのことを取り組んでみてください。

きっと体の不調を解消するきっかけになると思います。

この3つのを取り組んでもなかなか疲れが取れない…そんな時は、他にも何か原因があるかもしれません。

疲れが取れない時はお早めに当院までご相談ください。

 

(監修 柔道整復師・鍼灸師 作尾大介)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください