体重増加…食欲の秋に食べ過ぎを予防する方法 | 小野市 肩こり 腰痛 骨盤矯正|整体・鍼灸治療ならこころ鍼灸整骨院

「最近太ってきた…体重計に乗るのが怖い」
「ちょっと最近食べすぎて太ってきた。お腹周りがやばい気がする」

こんなお悩みを解消する方法をブログにまとめました。

秋の味覚は美味しくてたまらない!でも、食べ過ぎにはご注意を

こんにちは、こころ鍼灸整骨院を開業しています、作尾大介です。

当院に来院なさる患者さんから

「秋になってから食べ過ぎてしまう」
「太ってきたせいか…階段を登ると息苦しい」

といったことを伺っております。

「食欲の秋」と言いますし、秋は松茸やサンマなど美味しいものがいっぱいあります。

そのせいか、食べ過ぎてしまうとのこと…

ですので、この度はどうすれば食欲を抑えることができるのか?
詳しく調べてきたことをブログにまとめました。

・ついつい食べすぎてしまう
・体重が増えてきた
・最近太ってきた

といったお悩みがあるようでしたら、この度のブログがきっとお役にたてると考えています。

お時間の許す時にじっくりと読んでいただけますと幸いです。

 

なぜ秋はついつい食べ過ぎてしまう?その原因とは

秋はおいしいものがいっぱいですよね。

私もこの時期の秋刀魚やマツタケが大好きです。

だから、いつもよりもついつい食べすぎてしまい、体重計に乗った時に後悔をすることになっています。

では、どうして美味しいものを食べすぎてしまうのでしょうか?
気になったので詳しく調べてみました。

 

突然ですが、人間の脳には満腹中枢(まんぷくちゅうすう)といって、お腹がいっぱいになれば食欲を抑えてくれる機能があります。

この満腹中枢の機能は、よく噛むことによって刺激が入り、食欲を抑えてくれる仕事をしてくれます。

 

食べ過ぎを防ぎ、胃の働きまで調整する脳の機能

食欲を抑えてくれる満腹中枢の機能は、脳が元気じゃないとうまく働いてくれないことがあります。

野球で例えるなら優秀なピッチャーも、調子が悪いと三振がとれないことってあるかと思います。

脳の働きも同様に、調子が悪くなると本来のパフォーマンスを発揮できないこともあるのです。

脳を元気にするためには、栄養以外に酸素が必要になります。

そして、酸素と栄養を脳に送り届けているのが血の巡りになっています。

血の巡りを促し、脳を元気にしておくことで満腹中枢の機能を促す準備ができることになります。

食べ過ぎて苦しい翌日、体重を減らすために脳のリセットには間に合うか!?

脳を元気にするためには、

①酸素を普段から取り込んでおく
②体を動かすことによって血の巡りを促す

この二つの取り組みによって脳を元気にし、なおかつ満腹中枢を刺激することが可能となります。

①酸素を普段から取り込んでおく

仕事や家事でイライラする。
忙しくて一服する時間もない。

こんな状況が続くと、呼吸が浅くなってしまうのも無理のないことかと思います。
酸素をたくさん取り込む方法として、深呼吸があります。

深呼吸で特に息を吐く時に、ゆっくりと吐くことを心がけていただくと脳をさらに元気にできる可能性があります。

②体を動かすことによって血の巡りを促す

体を軽く動かすことによって血の巡りを促すことが可能となります。

簡単にできる運動や、ストレッチがあります。
さらに、デスクワーク中に手軽にできる、背伸びも血の巡りを促す方法としてオススメです。

体重の増加に加えて胃痛や腹痛まで軽減する新予防法

上記2つの項目を取り組んだ上で、食べる時によく噛むと満腹中枢が刺激されて食欲を抑える働きがおこります。

この2つの取り組みで食べ過ぎや、偏った食事を防げると考えています。

とても簡単にできて、なおかつよく噛むことで消化の働きを助けることまでできます。

せっかくなら、体重増加のことを気にせずに、秋の味覚を楽しめればと考えています。

この度の対処法が、体重増加の解消に繋がれば嬉しく思います。

音声 https://anchor.fm/e3n2r4j5tuo/episodes/ep-e19guss

もし、この度の取り組みを行っても

・食生活が乱れて背中が痛い
・胃痛が続いている
・体重が全然減らない

このようなが続くようでしたら、他にも何か原因があるかもしれません。
そんな時はお早めにご相談ください。

この度のブログがお役に立てれば幸いです。

(監修 柔道整復師・鍼灸師 作尾大介)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください