ばね指を手術する前に取組める効果のある治療とは? | 小野市 肩こり 腰痛 骨盤矯正|整体・鍼灸治療ならこころ鍼灸整骨院

「中指を曲げると痛い、ばね指を放置していて治るのだろうか?」
「ストレッチをしても、注射をしてもばね指が治らない…もう手術しかないのか」

この度は「ばね指」の対処法をブログにまとめました。

 

ばね指を放置していたら、パソコンをするだけで痛くなってきた…

兵庫県小野市でこころ鍼灸整骨院を開業しています、作尾大介です。

最近、来院なさる患者さんより、ばね指のことで相談を受ける機会が増えて来ました。

ですので、この度はばね指の原因や、手術する前に取り組めることを調べて参りました。

・ばね指を放置していたらパソコンをするだけで痛くなってきた
・サポーターをしても、ストレッチをしてもばね指が良くならない
・中指を曲げると痛い…ばね指は手術しか治せないのか?

と言ったお悩みがあるようでしたら、この度のブログがお役に立てるかもしれません。

お時間の許す折に、読んで頂けますと幸いです。

 

ばね指の原因って何?おすすめの対処法

「ばね指」になると、

・指の付け根あたりが腫れる
・指を曲げたら、伸びなくなる
・指の曲げ伸ばしのたびに、引っ掛かって痛い

と言った症状が起こります。

では、どうしてこのような症状が起こるのでしょうか?

ばね指の原因を調べてきました。

腕のあたりから指先までつながっている筋肉があります。ばね指はこの筋肉とと深く関わりがあります。

この筋肉は手のひらを通る際に、腱鞘(けんしょう)という、トンネルを通るように構成されています。

でも、仕事や家事で頻繁に指を使うようになると、腱とトンネルが何度も擦れあい、徐々に太くなってくることによって、ばね指の症状が起こることになります。

 

太くなった腱がトンネルを通るときに、引っかかってしまい、痛みがおきてしまうことになります。

ばね指がひどくなると、病院では太くなった腱を切除する手術が行われます。

でも、仕事や家庭の事情で手術ができない、あるいは手術をしたくない方は、この度の方法がお役に立てるかもしれません。

 

中指や親指、薬指どの指のばね指にも使える、効き目の高い対処法

ばね指には常識破りの対処法があります。

ばね指になった時に有効な方法が、舌を動かすことです。

「はあ??」

となるかもしれませんが、少しだけお付き合い下さい。

僕達の先祖を辿っていくと類人猿、猿…もっと遡っていくと海の中で生活していた生き物でした。

つまり魚の要素が体に残っています。

魚ってエラで呼吸しますよね。エラの部分は人間の口や顎、首のあたりに該当します。

そして魚のヒレに該当する部分は人間の手と関わりがあります。

この発生学の繋がりを考えてアプローチすると、舌を動かすと手に刺激が入り、ばね指の症状を緩和していくことが可能となります。

舌を動かす神経は首の近いところにあります。

ですので、暇があれば、歯の外側を舌で舐めてみてください。

この取り組みがばね指の解消に繋がります、これをやって1週間で良くなった患者さんもいらっしゃいます。

何年も前からばね指になっている方は、続けることで良くなる可能性があります。

 

これに合わせてストレッチやサポーターのケアを続けると、さらにばね指を解消していけることが可能だと考えています。

音声 https://anchor.fm/e3n2r4j5tuo/episodes/ep-e183h3g/a-a6k4pes

 

もし、一向にばね指の症状が改善しない時は、他にも何か原因があるかもしれません。

そんなときは、当院でも施術が可能ですので、お早めにご相談ください。

 

この度のブログがお役に立てれば幸いです。

(監修 柔道整復師・鍼灸師 作尾大介)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください