腰痛ベルトを外すと腰痛から解放された理由 | 小野市 肩こり 腰痛 骨盤矯正|整体・鍼灸治療ならこころ鍼灸整骨院

「そういえば腰痛ベルトを最近付け忘れるようになった」
「腰が痛くて病院にいくべきか悩んでいたのに、鈍痛を忘れて生活できている」

一体どんなことをして良くなったのでしょうか?

 

腰を押すと痛い、腰痛が悪化することを恐れて買った腰痛ベルト

兵庫県小野市でこころ鍼灸整骨院を開業しています、作尾大介です。

当院に来院なさる患者さんが腰痛ベルトを外したことで、長引く腰痛を解消された方が多数いらっしゃいました。

なぜ腰痛が解消されたのかをこのブログにまとめさせていただきました。

・腰痛で病院に行くべきか悩んでいる
・腰痛体操をしても、ストレッチをしても腰痛が良くならない
・腰のあたりを押すと痛い…腰痛の原因は何?

こんなお悩みがあるようでしたら、この度のブログがお役に立てるかもしれません。

お時間の許す折にご覧いただけますと幸いです。

 

腰痛ベルト外したらどうして良くなったの?腰痛の原因とは

「今日は仕事で重たいものを運ぶ」
「草引きや倉庫の掃除でいつもより腰に負担のかかることをする」

こんな時に腰痛ベルトやコルセットを予防のために着けるのはとても良い使い方になります。

 

よく巷で

「コルセットや腰痛ベルトを着けておくと、腹筋が弱って腰痛が長引く」

こんなことを耳にしますが、事実を裏付けるデータはありません。

しかし、当院で腰痛を解消された患者さんのケースから考えさせていただくと、ほとんどの方が腰痛が良くなっていくにつれて、腰痛ベルトやコルセットをつけなくなっていく傾向があります。

座ったままでも立ったままでも、できる腰痛対策

突然ですが、昔得意だったスポーツや運動を数年たってやってみると、

・昔はできたのに今はできなくなった
・動きがぎこちない

こういった体験ってないでしょうか?

人間の体はしばらくの間、仕事や運動を取り組まなくなると忘れてしまう傾向があります。

これと同様に、腰痛ベルトやコルセットで体を固定する期間が長期化すると、腹筋や背骨、骨盤の関節の動きが制限を受けてることになり、コルセットや腰痛ベルトありきの体の使い方になってしまうのです。

 

ですので、腰痛を解消していくためには、鈍痛が軽減してきたら腰痛ベルトを外して動かしていくことが必要だと考えています。

※特定の疾患で医師の指導のもとに腰痛ベルトやコルセットを着用されている場合は例外です。必ず掛かりつけの医師の相談のもとに判断してください。

いきなり腰痛ベルトを外すと不安な時は、少しの時間でも良いので、座っている時や立っている時にベルトを外し、腰や骨盤周りに刺激を入れるようにすることをオススメしています。

そうすることで腰痛を解消するきっかけになると考えています。

 

腰痛ベルトを使うタイミング!腰痛を解消していくために

腰痛ベルトが効果的なタイミングは、

・産後に腰や骨盤
・立っているだけで足に力が入らなくなる
・腰が急に痛くなった

こんな場合には腰痛ベルトで固定や補助をすると有効です。

ですが下着のようにずっとつけている場合は、少しずつ外す時間を設けてみるとさらに腰痛をケアしていけると考えています。

音声 https://anchor.fm/e3n2r4j5tuo/episodes/ep-e17h5cc

もし、腰痛ベルトを外して動く習慣がついても、一向に腰痛が良くならない時は他にも何か原因があるかもしれません。

そんなときはお早めにご相談ください。

この度のブログが、腰痛ベルトやコルセットを手放せない方のお役に立てれば幸いです。

引き続きこのブログでは体の健康を維持する上で、お役に立てる情報を発信していきたいと考えています。

 

(監修 柔道整復師・鍼灸師 作尾大介)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください