梅雨のむくみと、体のだるさを解消する3つのポイント | 小野市 肩こり 腰痛 骨盤矯正|整体・鍼灸治療ならこころ鍼灸整骨院

「梅雨入りしてから、足のむくみが辛い
「梅雨のせいか…頭も痛いし、体がだるい」

来院なさる患者さんから、こういったお悩みを伺う機会が増えてきました。

梅雨のむくみと、だるさを解消する方法とは?

こんにちは、兵庫県小野市でこころ鍼灸整骨院を開業しています、作尾大介です。

 

この度は梅雨になると増えてくるお悩み、「むくみ」「体のだるさ」を自宅でケアする方法をブログにまとめさせていただきました。

むくみやだるさって梅雨の低気圧が影響するって本当?

梅雨は湿気が高く、気圧の変化が起こるせいで体がむくみやすい傾向があります。

梅雨は低気圧の影響で気圧が下がります。

気圧って例えるなら女性のパンストのような役割をしています。

パンストの締め付ける力が弱くなってしまうと、ふくらはぎや、体がむくみやすくなります。

むくんでしまうと体の容量が少し広がるので、体の栄養や酸素が薄い状態になります。

それだけで体が重だるく感じたり、不調を起こしやすくなってしまうのです。

 

 

梅雨って何でむくみとだるさがでるの?原因から考える対処法

株式会社リーフェの調査によると、梅雨時期に100人中3人に1人は体調不良を経験している。というデータがあります。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000045215.html

なぜ梅雨には体調不良が起こるのでしょうか?

詳しく調べてみた結果、わかったことがあります。

人間の体は常に血やリンパ液が流れ、循環しています。

循環することで、栄養と酸素を脳や内臓、筋肉、皮膚といったところにおくりとどけています。

でも、この循環の機能が悪くなると体がしんどくなってしまうのです。

ほら、熱帯魚の水槽って、水を循環させる機会がついてませんか?

水槽内の水を循環させることで、水がよどまないようになっています。

循環ができないと、徐々に水槽内の水が濁って、汚れがたまってしまうのです。

人間の体も、体の循環が悪くなると、老廃物がたまりやすくなってしまい、体がだるくなる恐れがあります。

梅雨のむくみとだるさを解消する3つの方法

 

梅雨の体のむくみやだるさを解消する方法として、簡単にできることは汗をかくことがポイントになります。

自宅や職場で梅雨のむくみと重だるさを解消する方法を3つにまとめました。

1.お風呂は湯船に浸かり暖まる

梅雨の時期はお風呂にゆっくり温まって、汗をかくと体のむくみを排出できます。

2.ウオーキングやストレッチを取り入れる

お風呂上がりや、仕事終わりにウォーキングやストレッチがおすすめです。

3.夏の果物や、夏野菜を食べる

夏野菜や夏の果物は、利尿効果があるため尿や便で余分なむくみの排出を促せます。

上記3つのことに取り組んでいただくと、梅雨のむくみやだるさを解消するきっかけになるかもしれません。

ぜひ、日常に取り入れていただけますと幸いです。

 

体の不調が長引く時はお早めにご相談ください。

この3つの方法が梅雨の体のむくみを予防し、体の重だるさを解消するきっかけになればと願っています。

ぜひ日常で取り組んでいただければと願っています。

上記3つのことを取り組んでも、一向にむくみや体のだるさが良くならない時は、整体治療や鍼灸治療がおすすめです。

梅雨の不調が長引く時はお早めにご相談ください。

 

(監修 柔道整復師・鍼灸師 作尾大介)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください