法律で定められている健康保険適用の症状

本来、柔道整復師は健康保険の取り扱いが認められています。保険が適用されるのは「骨折」「脱臼」「捻挫」「打撲」「挫傷」「肉離れ」といった急性の怪我のみに適用されます。これは法律で定められており、整骨院・接骨院では共通する規定となっております。

肩こりや腰痛に健康保険は使えません

肩こりや慢性腰痛、脊柱管狭窄症、変形性膝関節症、五十肩、ヘルニアは保険適用外となります。
また、以下のような場合でも、全国のどの整骨院・接骨院においても健康保険の適用外になります。

  • 日常生活による疲れや肩こり、慢性痛、頭痛、神経痛、体調不良など
  • 仕事やスポーツによる単なる筋肉疲労(急な怪我以外のもの)
  • 同じ治療部位(ケガとして)について整形外科・他の整骨院に同時受診している場合
  • 負傷年月日や負傷原因が不明確で、捻挫や打撲等の因果関係がはっきりしないもの

健康保険の不正請求問題

柔道整復師を含め医療従事者による健康保険の不正請求が世間を騒がせニュースや新聞で取り上げられております。
とある団体の健康保険を取り扱う勉強会では「首や肩を痛めたせいで、慢性的な肩こりの症状が出るようになったのだから…」などと、“無理矢理な理由をこじつけて保険を適用する”といった、手法を教えているということがあるようですが、これは全くの間違いです。
このような行為が国の医療費負担を増やす原因になっているのです。

当院は健康保険取扱の適正化に努めております

当院では急性期の怪我(=怪我をしてから2日以内)の受診のみ健康保険適用となり、それ以外の場合はすべて自費診療となります。
これは健康保険取扱の適正化に努めるとともに、保険適用内では提供することのできない自費診療によって患者さんが一番早く改善できる方法を提案させていただいているためです。
そして、『一日でも早く身体の痛みや重だるさ取り除き、イキイキとした毎日を送って頂きたい』という思いのもと治療をおこなっております。